1. 施術方針の説明

当院の施術は、手技のカイロプラクティックか、解読によるアジャストメント(骨格矯正)を行います。

まず最初の鑑別診断で、どちらのテクニックのほうが効果が見込めるかを予測し、患者様に提案させていただきます。

 


2. 問診

症状をできるだけ詳しくお聞きします。

痛みひとつとっても、重い感じに痛いのか、時々ズキッとくるのか、じっとしていると痛いのか、動き始めが痛いのかなど、様々な種類があります。これはゆがみの大元を探る上でも、ゆがみの理由を探る上でも貴重な情報になります。

 


3. 視診

姿勢、お体のゆれ、お顔のゆがみなどをチェックいたします。

4. 触診

骨のゆがみを見つけます。

カウンセリング中は、カイロプラクターが常に骨の動きをチェックいたします。

うつ伏せ足上げテスト

このテストは、骨盤の中心にある仙骨のゆがみを診断します。

このテストでは、仙骨のゆがみ以外にもたくさんの情報を得ることができます。

解読アジャストメントにおいては、メッセージの大きなジャンル分けができます。

対人係、食事系、進路系、災害系、など。


サービカルコンパクションテスト

このテストは、頸椎のゆがみを診断します。

解読アジャストメントにおいては、メッセージ(警告)の深刻度を計ることができます。

 

 


反射点テスト

 このテストは、内臓の不調を診断します。

解読アジャストメントにおいては、うつ伏せ足上げテストでジャンル分けしたメッセージをさらに細かく体に聞くことができます。

 


その他のテスト

その他にも、症状に応じた様々なテストがあります。


5. 矯正・推理

・カイロプラクティックではゆがみに応じた矯正を行います。

ボキボキしないため、痛みはありません。

 

・解読アジャストメントでは、これまでのテストで浮かび上がってきたキーワードから、体がどんなことを伝えようとしているのかを患者様と一緒に推理します。

推理は連想ゲームのような感じで進んでいきます。

 



6. 対策と確認検査

・カイロプラクティックでは、ゆがみがきちんと矯正されているか確認の検査を行います。

 

・解読アジャストメントでは、メッセージの解読ができたら、次は対策を考えます。

 

対策を考えたら、最初に行った検査をもう一度行います。

ゆがみが消失していれば、正解です。

同時に症状の緩和も実感できるはずです。


7. 実践と確認検査

後日再検査に来院していただきます。

ゆがみが消失したままであれば、そこで終了となります。