· 

背中からのメッセージ(動画メイキング)

メイキング~
動画撮影中

 

背中からのメッセージのキーワードは、
「察する」と「お金」です。

 

友人や家族を助けるときに、
「いいよいいよ、お金なんて!」のように、無償でサポートする場面。
心温まる人間関係ですが、この行為、じつは、諸刃の剣です。

それが本当に相手を助けることになるのなら、問題ないのですが、そうではない場合は、
カラダが警告のメッセージを発信します。

 

その理由は、カラダ語基礎の
「仲間と獲物」の欄の、「察すると、察しない」の動画をご覧ください。
(※只今必死に作っております)

 

では、自分のこの背中の痛みや痒みは、今行っている無償のサポートへの警告なのでしょうか。

それは、足上げテストで確かめることができます。

 

やりかたは、

 

「いま、その人に行っている無償のサポートはやめる」とイメージしながら足上げテスト。

 

次に、いまその人に行っている無償のサポートを、これからも続ける」とイメージしながら足上げテスト。

 

この時、「いま、その人に行っている無償のサポートはやめる」。とイメージすると、足がヒョイヒョイ上がり、
「いま、その人に行っている無償のサポートはやめる」と、足に重りがついたように重くなる場合は、
あなたがその相手に行っている、「無償のサポート」は、その相手を助けることにならないと思われます。

 

ではなぜ、カラダはそれを背中で表現するのでしょうか。
それは、解読を進めていくうちにだんだん分かってくるでしょう。

背中、背中からのメッセージのキーワードは、
「察する」と「お金」です。

 

 解読カイロプラクティック

京王線府中駅から徒歩7分