初めてご来院される方へ

遠方からのご来院率 90% 以上、なぜ当院に患者様が遠方はるばるご来院くださるのか

1. 同じ症状の再発率が非常に少ない根本施術

お近くの治療院に行っても治らなかった方が多数来院されています。

「何度も通わなくて済むから、安心して紹介できる!」 と、ご家族、ご親戚、ご友人と紹介していただけるため、北海道から沖縄からと遠方からの患者様が多くなっております。

新幹線や飛行機を使ってまでご来院いただいていることは、大きなプレッシャーであり、少しでも少ない回数で結果が出せるようにと毎日が真剣勝負になっております。

 

2. おもしろい

施術のほとんどの時間を、体と会話しながら原因を一緒に推理していきます。

自分の体の問題は自分で探して自力で解決したいという方にとっては、「相当におもしろい!」 との反響が大きく、テーマパークに行くような気分で来院される方も多いです。

施術をおもしろいと言っていただけることは、とても嬉しいです。

 

3. セルフコントロールができるようになる

赤ちゃんが言葉を覚えていく過程で、ママ、パパ、まんま、を理解するまでは時間がかかりますが、言葉の意味を理解するコツがつかめだしたら、あっという間に会話ができるようになります。

体の言葉もお同じで、3箇所くらい解読すると、けっこうコツがつかめるようになり、患者様が自力で推理解読できるようになってきます。

そうなると、自力でトライしてもどうしても解けないときだけご来院いただくので、1年ぶりとか5年ぶりになることがあります。

その間にお引越しなどがあったりして、だんだん遠方になっていきます。

一度当院の施術をうけた患者様は、どこへ引っ越されてもいざという時には当院を選んでいただけるということが、一番の誇りです。

 

解読アジャストメント (解読骨格矯正)

解読アジャストメントは、痛み、コリ、しびれ、などの様々な症状を、体の言葉と考えます。

体が伝えようとしている言葉を解読し、体に言葉(症状)を解除してもらうテクニックです。

このテクニックのメリットは、解読に成功した症状は、再発がほとんどないことです。

こんな方にお勧め

 いま発生している痛み(痒み、コリ、しびれなど)は何を伝えようとしているのか知りたいかた。

 ボキボキする矯正が苦手なかた。

 辛くてたまらない状態から抜け出すヒントを体からもらいたいかた。

 どんなにメンテナンスをしていても、肩、肘、膝などを故障してしまうかた。

 これは体質だから仕方がないと諦めたくないかた。

1. 施術方針の説明

当院の施術は、手技のカイロプラクティックか、解読によるアジャストメント(骨格矯正)を行います。

まず最初の鑑別診断で、どちらのテクニックのほうが効果が見込めるかを予測し、患者様に提案させていただきます。

 


2. 問診

症状をできるだけ詳しくお聞きします。

痛みひとつとっても、重い感じに痛いのか、時々ズキッとくるのか、じっとしていると痛いのか、動き始めが痛いのかなど、様々な種類があります。これはゆがみの大元を探る上でも、ゆがみの理由を探る上でも貴重な情報になります。

 


3. 視診

姿勢、お体のゆれ、お顔のゆがみなどをチェックいたします。

4. 触診

骨のゆがみを見つけます。

カウンセリング中は、カイロプラクターが常に骨の動きをチェックいたします。

うつ伏せ足上げテスト

このテストは、骨盤の中心にある仙骨のゆがみを診断します。

このテストでは、仙骨のゆがみ以外にもたくさんの情報を得ることができます。

解読アジャストメントにおいては、メッセージの大きなジャンル分けができます。

対人係、食事系、進路系、災害系、など。


サービカルコンパクションテスト

このテストは、頸椎のゆがみを診断します。

解読アジャストメントにおいては、メッセージ(警告)の深刻度を計ることができます。

 

 


反射点テスト

 このテストは、内臓の不調を診断します。

解読アジャストメントにおいては、うつ伏せ足上げテストでジャンル分けしたメッセージをさらに細かく体に聞くことができます。

 


その他のテスト

その他にも、症状に応じた様々なテストがあります。


5. 矯正・推理

・カイロプラクティックではゆがみに応じた矯正を行います。

ボキボキしないため、痛みはありません。

 

・解読アジャストメントでは、これまでのテストで浮かび上がってきたキーワードから、体がどんなことを伝えようとしているのかを患者様と一緒に推理します。

推理は連想ゲームのような感じで進んでいきます。

 



6. 対策と確認検査

・カイロプラクティックでは、ゆがみがきちんと矯正されているか確認の検査を行います。

 

・解読アジャストメントでは、メッセージの解読ができたら、次は対策を考えます。

 

対策を考えたら、最初に行った検査をもう一度行います。

ゆがみが消失していれば、正解です。

同時に症状の緩和も実感できるはずです。


7. 実践と確認検査

後日再検査に来院していただきます。

ゆがみが消失したままであれば、そこで終了となります。