· 

股関節からのメッセージ (鼠径部連載のつづき)

股関節痛のキーワード  ( 鼠径部 連載5 )

 

こんにちは。ごきげんいかがですか?

 

前回は、体がホルモンバランスを崩してキーワード検索をかけてくれているのに、その分析ができない人がいるってところまでお話ししました。

 

それは、その人が悪いのではなく、分析ができなくなってしまう落とし穴があったのです。

 

ここに落ちると、周りの人たちがみんな敵にみえてきます。

 

信じていた相手に裏切られ、今度こそと信じた相手にまた裏切られ、そのうちに誰も信じられなくなってきます。

 

そして、”また裏切られるくらいならもう誰にも頼らない”と、助けてもらうこと自体をあきらめてしまうのです。

 

この落とし穴から救済してくれるのが、股関節からのメッセージです。

 

Step2 股関節の痛み

 

股関節の痛みが発生するタイミングやそこから連想できるイメージから体のことばを推理すると、あるキーワードが見えてきます。

 

それは、感情の単語の使い方です。

 

過去の出来事の話しをするときに、感情の単語をぜんぶ過去形に変換すると、なんと自分の弱点が分析ができなくなってしまうのです。

 

いったいどういうことかというと、

 

おっと、きょうはこれからお出かけをするので、ここまで。

 

次回は、木曜日までお待ちください。

 

それまでの間、その謎を解くヒントだけお話しいたします。

 

過去に経験したつらい出来事や悲しい出来事を思い出し、それを言語化するとき、

 

感情の単語をすべて過去形にするパターンと、現在形にするパターンを比べてみてください。

 

・~と言われたことが悲しい

 

・~と言われたことが悲しかった

 

こんな感じです。

 

出来事は過去形のままでかまいませんが、感情の単語だけ根性で現在形に変換します。

 

音声に出す言葉も、心の中で自問自答するときも、すべて感情の単語は現在形にします。

 

できればつらい感情だけでなく、うれしい感情もすべて現在形にしてみてください。

 

ちょっと変な日本語になる部分もありますが、かまわずやってみてください。

 

ではまた!

 

つづく

 

※解読による症状の改善には個人差があります。

 

 

解読カイロプラクティック

京王線府中駅から徒歩7分