· 

右肩こりと赤ちゃん

 

こんにちは~赤ちゃん♪

 

自分の命より大切な存在に危険が及ぶとき、それを事前に知らせてくれる場所があります。

 

そこは、

 

" 右肩 " です。

 

" 肩の荷を降ろす " ということばがありますが、肩は責任の象徴の場所です。

 

特に右肩は、" 自分の責任で大切な存在を守る " と、腹をくくった瞬間に、危険察知センサーの電源が入ります。

 

どんな感じに知らせてくれるのかというと、

 

いきなり右肩が、キューッ!って感じにこってきます。

 

そして、その危険に気づき、しっかりと対処するまでそのコリはつづきます。

 

このセンサーは、ほんとうに便利です。

 

何年か前に大手化粧品会社の日焼け止めクリームで白斑ができてしまうという事件がありましたが、これは大手企業だから絶対に安心というわけではないということを考えさせられました。

 

この右肩センサーを使うと、日常であたりまえのように使われているものでも、赤ちゃんにとっては危険なものがけっこうあることを知ることができます。

 

もしいま、あなたの右肩が強烈にこっているのなら、あなたにとって大切な存在の危険に気がついていない可能性があります。

 

右肩サインで、あやしいなと思うものがあったら、足上げテストで調べることができます。

 

ここでいくつか、安全そうで赤ちゃんにはダメージがあるものを紹介します。

 

さすがに商品名は出せないので、自分の体で確認してみてください。

 

まずは、ミネラルウォーター。

 

すべての商品がダメというわけではありませんが、足上げテストをすると、けっこう驚きの結果が出るはずです。

 

ミルクを作るときに使う水をミネラルウォーターにするか、水道水にするかで、比べてみてください。

 

次に、除菌スプレー。

 

抵抗力がない赤ちゃんを守るために、けっこう使われがちですが、あるメーカーの商品だけ、体が強烈な警告を出します。

 

これは、除菌スプレーがというより、そのメーカの除菌スプレーって感じですので、違うメーカーのものに変えれば大丈夫です。

 

ちなみにそれは、かなり有名なメーカーで、誰もが知っている商品です。

 

テストの仕方は、まず、右肩がキューッとこったタイミングに注目して、その時に使っているものを調べます。

 

いくつかあやしいなと思うものをみつけたら、足上げテストをしてみましょう。(参照:足上げテスト)

 

赤ちゃんにとって危険なものを使っていると、左足が重たくなっているはずです。

 

" その商品を使いつづける " としっかりイメージして、足上げテスト。

 

" その商品をやめて、他ものを使う " としっかりイメージして、足上げテスト。

 

左足が重たくなるものを使わないようにして、軽くなるものに変えれば、危険回避できるはずなので、その場で右肩のコリが解除されるはずです。

 

 

※解読による症状の改善には個人差があります。

 ※解読カイロプラクティックは、病院の治療と並行して行っても大丈夫です。

 また病院に通院中の方は、解読により痛みが消えても自己判断で通院はやめないでください。

  

 

解読カイロプラクティック

京王線府中駅から徒歩7分