· 

薬を使ってもなかなか治らない病気

 

こんにちは。ごきげんいかがですか?

 

明日はクリスマスイブ。

 

プレゼントも何もいらない。欲しいのは家族の健康。

 

そう願うのなら、体はあなたに大きなヒントをくれているはずです。

 

前回のブログでお話しした代理アカギレ

 

じつは、アカギレ以外にも代理の症状はたくさんあります。

 

特に、薬を使ってもなかなか治らない深刻な病気のほとんどが、代理の症状といってもいいでしょう。

 

我が家のケースもそうでした。

 

ある日突然、夫の手にひどいアカギレができて、それが何か月も続きました。

 

薬を使っても、ほとんど効果はありませんでした。

 

夫の体に聞くと、夫に向けてのメッセージはないという反応。

 

夫自身にも会社や家で特に思い当るストレスもない。

 

わたしは、夫のアカギレはわたしへのメッセージだと感じ、必死に推理しました。

 

夫の手にアカギレが登場したタイミングは、わたしがとある整骨院に面接に行った日と一致しているので、そこに何らかの注意事項があると推理して、何ヶ月もかかって、手を切れサインを解読しました。

 

そしてそこの整骨院を辞めた翌日に、あれだけ何をやっても治らなかったアカギレが、一晩で綺麗に治ってしまったのです。

 

 

同じようなケースでこんなものもあります。

 

≪70代の女性≫

 

ひどい手湿疹がある日突然発症し、2年間、病院で出されたどんな薬も効きませんでした。

 

さらに脳腫瘍ができて入院、をしました。

 

この入院中に息子さん夫婦が離婚をしました。

 

その離婚と同時に手湿疹が治り、なんと腫瘍まで消えてしまいました。

 

 

≪4歳女児≫

 

背中の湿疹と痒み

 

ことばを覚えはじめた頃から発症し、夜中にひどくなり泣き叫ぶため、母親が毎晩背中に薬を塗ったり掻いたりしています。

 

年齢から考えても、メッセージの受け取り手は両親であろうということで、両親の体の解読をはじめました。

 

背中の痒みといっても、キーワードごとに湿疹がひどく出る部位や湿疹の形状はさまざまです。

 

それをひとつづつ解読していきました。

 

見つけた代表的なキーワードはこちら。

 

・完璧を求める分野をひとつに絞る。(手足の湿疹)

 

・感情をことばにするとき、必ず現在形にする。(背中の湿疹)

 

・自分の弱点を自分の責任で探す。(背中の湿疹)

 

・自分の弱点を、1行にまとめ、現在形の感情をのことばで相手に伝え、協力をお願いする。(背中の湿疹)

 

娘さんの湿疹からはじめてキーワードを見つけた日の夜、母親は娘さんに聞いたそうです。

 

「〇〇ちゃん、ママのためにこんな痒い思いをしてくれていたの?」

 

「うん」

 

「ありがとう」

 

その日の夜は痒がることなく、すやすやと眠りについたそうです。

 

 

  

代理の症状を出している人の症状を消す鍵を握っているのは、病気になっている人ではなく、その家族であることが多いのです。

 

身内に、薬を使ってもなかなか治らない病気で苦しんでいる人がいるとき、あなたの体を解読すると、活路が見えてくるかもしれません。

 

ただし、絶対に治る保証はどこにもありません。

 

※解読による症状の改善には個人差があります。

 

 

解読カイロプラクティック

京王線府中駅から徒歩7分