体のことば · 13日 5月 2019
感情ことばの現在形と過去形のテーマの動画は、わたしが今いちばん力を入れているものです。 わたしのオフィスは、カイロプラクティックという看板を掲げているのに、常に癌の患者さんが訪れています。 きっかけは、お父様を助けてほしいと、名古屋からみえた一人の男性。 病院では、肺がん末期で、肝臓と骨盤に転移があり、余命は2ヶ月という診断でした。...

08日 5月 2019
あなたの家族が、命に関わるような深刻な病を宣告されたとき。 試しにこの言葉をつかってみてください。 使うのは、あなたです。 そのことばとは、 感情ことば。 そして、この感情ことばを使う時、最も重要な注意点があります。 それは、必ず現在形で使うこと。...

体のことば · 01日 5月 2019
感情に良いも悪いもないシリーズ。 今回のテーマは、『やる気が出ない』です。 あなたは笑顔の力って知っていますか? 「あなたの病気はもう治りません」 「あなたはもう一生あるくことはできません」 「あなたのご家族がお亡くなりになりました」 病気や事故、災害などで、大切なものや大切な人を亡くしたとき。...

体のことば · 22日 4月 2019
ジュンコ式解読テクニックオンライン講座の、 感情に良いも悪いもない のコーナーでは、この感情はこういう理由で必要だから、いま感じているんですよーという情報をどんどんアップしていく予定です。

02日 4月 2019
メイキング~ ジャカジャカ録音中~ 感情に良いも悪いもない わたしたちはなぜ、感情のことばを省略するのでしょうか。 その理由を患者さんに聞くと、とても温かく切ない気持になります。 それは、「相手を傷つけないように」という思いやりだったのです。 嫌いなんて言ったら相手が傷つくだろう。 嫌だなんていったら、相手に負担がかかってしまうだろう。...

31日 3月 2019
メイキング~ ジャカジャカ録音中~ 足上げテスト 肩甲骨の痛み (感情のことばの省略) 自分の肩甲骨のコリや痛みは、もしかしたら感情ことばのことかもしれないと思うかたは、 足上げテストで体に聞いてみましょう。 ■最初に肩甲骨の確認をします。 右肩甲骨が痛みますか、それとも左肩甲骨が痛みますか? これはとても重要なヒントなので、...

体のことば · 31日 3月 2019
うれしい想定外の誤算。 体のことば研究員(ジュンコ式解読テクニックの会員さん)の解読技術の習得ペースが速すぎて、動画制作が追いつかない! ということで、スピードアップのために、動画制作の方針をちょっと変更。 とりあえず音声だけでもどんどんアップしちゃいます。

体のことば · 27日 3月 2019
花粉症からのメッセージを 見つけた! かもしれない。 そんな時、 体ことば研究員は こんなふうに推理をしています。 その様子を動画にしてみました。 LINE@で『花粉症』と書いて送信してください。 また、ご覧になったかたは、 リサーチのご協力をお願いいたします。

体のことば · 17日 3月 2019
きのうこの投稿を躊躇して書かなかったら、今朝から涙が止まらない。 意を決して、書くと決めたら、涙が止まった。 その症状の激しさから、その問題の深刻さが垣間見える。 『ファブリーズ』 これを使っている人は、今から言う方法で検査をしてみてください。 まずうつ伏せになり、右足を(膝を伸ばしたまま)上に上げます。 次に左足を上げます。...

体のことば · 04日 3月 2019
わたしたちが教わってきた良いこと悪いことの基準と、身体が示す良いこと悪いことの基準には若干のズレがあります。 うっとうしいな~って思う時に、「うっとうしい」って言わないだけで骨がゆがむことがあります。 本音を言っては危険な場面と、本音を言うことが必要な場面。 この見極めができるようになるまで、身体はメッセージを出し続けます。

さらに表示する